グローバルな知的財産サービスを提供する
三好内外国特許事務所
お問い合わせサイトマップ
HOME
セミナー一覧
EPC2000(改正ヨーロッパ特許条約)セミナー
―本年12月発効EPC改正法に先立ち、強いヨーロッパ特許の戦略的取得を考える―

  ヨーロッパ特許条約(EPC)の改正法であるEPC2000が、本年12月に発効致します。このEPC2000における改正内容は多岐にわたりますが、主要なものとして、新たに、日本の訂正審判に相当するヨーロッパ特許付与後のクレームの一元的減縮手続、限定的ながらも出願人の先行技術開示義務の制度が導入され、また、手続期限途過に対する救済措置や権利の回復手続が新設されています。
 本セミナーでは、EPC2000の発効に先立って、その改正の背景及び各内容を説明し、日本企業がヨーロッパ特許を取得する間の、知っておくべき実務上の留意点について言及します。また、特に、権利者側にとってのヨーロッパ特許補強の手段となる特許付与後のクレームの一元的減縮手続について、その活用法を、異議申立手続との関係や、各締約国での無効審判手続との対比を踏まえて解説致します。講師は、日本企業からのヨーロッパ特許取得に深い経験を有するヨーロッパ特許弁理士/ドイツ弁理士Hans-Peter Staudt氏で、実務家の観点から、日本企業が、強いヨーロッパ特許を効率よく取得するための実務上の考慮点についてお話いただきます。
つきましては、この機会に多数ご出席賜りますようご案内申し上げます。


本セミナーは終了いたしました。
日時:
2007年 4 月 6 日(金)14:00~17:00
会場:
虎ノ門フォーラム
東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー22階
講師:
Mr.Hans-Peter Staudt
(弁理士/ドイツ弁理士 Bittner & Partner)
モデレータ:
三好内外国特許事務所 弁理士 小西 恵
プログラム(予定):
14:00~15:20 講義
15:20~15:35 休憩
15:35~16:45 講義
16:45~17:00 質疑応答
参加費:
無料
定員:
60名(定員になり次第締め切らせていただきます)
申込方法:
このセミナーの申込受付は終了しました。
お問合せ先:
三好内外国特許事務所 板垣
TEL: (03)3504-3433   FAX: (03)3504-3060
Copyright(c) MIYOSHI & MIYOSHI All Rights Reserved.
MAP JAPANESEENGLISH